心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(平日9:00-18:00) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

渡邊剛について論文のご紹介

  • タイトル Reply to Liang et al.
  • 著者 Go Watanabe *
  • 発表年 4 July, 2011
  • 掲載誌 European Journal of Cardio-Thoracic Surgery 41 (2012) 720
  • 抄録 論文[Awake coronary artery bypass grafting under thoracic epidural anesthesia: great impact on off-pump coronary revascularization and fast-track recovery]へのご意見に対するご返事。実際のAwake手術を多く経験してわかったことは、多くの患者は軽い入眠状態にあり、声をかけると開眼する程度の状態である。ご指摘のように覚醒状態が患者の不安をあおりマイナスの影響を与えることはなく、高位胸部硬膜外麻酔と全身麻酔の併用麻酔は良い方法であると思う。全身麻酔薬を減らせるので早期覚醒が可能となるため、重症肺疾患や高度脳障害などの患者にはAwakeOPCABが良い選択である。

論文一覧に戻る