心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(平日9:00-18:00) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

僧帽弁形成術(僧帽弁閉鎖不全症の手術)

  • 手術後の退院までの日数:5~10日間
  • 保険適応

弁形成術は、弁置換術に比べ、感染症や血栓症のリスクが低い一方、より高度な技術が必要とされます。
日本胸部外科学会が調査した僧帽弁手術における形成術適用の割合、平均約60%(日本胸部外科学会調査)に対し、
チーム・ワタナベではほとんどの患者さんに対して僧帽弁形成術を行い、良好な結果を得ています。
私たちは、手術支援ロボット「ダビンチ」による内視鏡手術や、小切開法(ポートアクセス法)を手がけ、体や心臓への負担が小さい手術を推進しています。
特にダビンチ手術では正確な弁の形成ができ、術後の弁の機能が非常に良好に保たれます。

2018年4月よりダビンチを用いた弁形成術が保険適用となりました!

2018年4月よりダビンチ(ロボット手術)を用いた弁形成術に健康保険が使えるようになりました。ニューハート・ワタナベ国際病院では僧帽弁形成術の第一選択としてダビンチ手術を行なっています。
ダビンチ(手術支援ロボット)手術について

手術支援ロボット「ダビンチ」を用いた内視鏡手術

手術支援ロボット「ダビンチ」での内視鏡を用いて傷を小さくする手術をしています。
この手術法を用いると、手術傷が小さいので術後の回復が早く、ほぼ5日で自宅に帰ることができ、また、とても正確な弁の形成ができますので、術後の弁の機能がとてもよく保たれています。

特に、ロボット内視鏡を使うととても正確な弁の形成ができますので、術後の弁の機能がとてもよく保たれています。

ダビンチとは手術用のロボットの名前です。ダビンチを用いて行う僧帽弁形成術は、正中切開や小切開(MICS)に比べて以下のような大きな利点があります。

  1. 傷が小さい
  2. 出血が少ない
  3. 傷の痛みが少ない(神経も傷つけません)
  4. ミリ単位の正確さで手術ができます

ダビンチでのロボット手術

こちらから手術後の患者さんを撮影した映像で、手術後の回復ぶりと弁が完全に治っていることをご覧下さい。他にも、さらに詳しくお知りになりたい方もこちらをご覧ください。

小切開手術を用いた僧帽弁形成術

今や僧帽弁形成術は小切開手術で行うことが当たり前になっています。
ダビンチでの内視鏡手術の技術が小切開手術に応用されているチーム・ワタナベ(ニューハート・ワタナベ国際病院)では、他の病院とは次元の違う心臓手術を実現しています。

小切開手術のメリット

  • 小さい出血量が少ない、痛みが少ない、傷が小さい
  • 早い手術が早く終わる
  • 戻れる手術後早くもとの生活に戻れる
  • 残らない傷が胸の真ん中に残らない

小切開手術(MICS)の詳細はこちら

チーム・ワタナベ(開院前)の僧帽弁形成術成績

開院から現在までの手術実績についてはこちらをご覧ください。
※ニューハート・ワタナベ国際病院サイトへ移動します。
ニューハート・ワタナベ国際病院での開院からの手術実績
(2014年5月19日〜2018年10月31日)
  • 手術件数
    2464件
(心臓手術 合計1723件)

チーム・ワタナベ手術実績
2000年-2014年(開院前)

狭心症・心筋梗塞 2,484
心臓弁膜症 1,131
大動脈瘤 292

僧帽弁形成術へのご相談はこちらから。 渡邊医師が直接お答えさせていただきます。 心臓の手術でお悩みの患者さんのために私たちがいます。

心臓弁膜症の手術(僧帽弁形成術) トップへ


「心臓弁膜症の手術について」に戻る

ニューハート・ワタナベ国際病院の紹介

心臓血管外科・循環器内科を中心とした高度専門治療を行う「ニューハート・ワタナベ国際病院」では、身体に優しい小切開手術やロボット支援手術などの最新かつ高品質な医療を提供しています。診察から手術を通して痛みや負担から患者さんを解放することを目標にし、日々工夫しています。
病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。