心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(平日9:00-18:00) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

ダビンチを用いたロボット手術の入院期間と費用

外来での診察から入院、手術、そして退院まで入院期間は7日間

ダビンチでの手術は、一般の開胸手術に比べて身体的、精神的な負担が軽減される上、手術後の回復も早い傾向にあります。
手術を受ける場合の、入院から退院までの流れをご覧ください。

手術費用

手術における患者さんの保険診療分の自己負担額の概算です。

なお、食事代及び自費分(差額室料等)は別途ご用意いただくようになります。
限度額認定証、身体障害者診断書と自立支援医療(更生医療)の申請をした方の場合です。

2018/8/1~
術式 入院
日数
70歳未満 70歳以上
月額所得が
53万円以上
ある方
一般 一般
(現役並みの所得者)
手術支援ロボット(da Vinci)による
僧帽弁形成術・三尖弁形成術
5
(術後)
2018年4月1日より保険適用になります。
下記Ⅰ~Ⅲをご参照ください。
手術支援ロボット(da Vinci)による
心房中隔欠損閉鎖術
5
(術後)
289万円(税別)
※検査、手術、室料、食事代を含む
(保険が利きません)

I. 70歳未満の方

区分 所得要件 自己負担限度額
年収約1,160万円~の方
健保:標準報酬月額83万円以上
国保:年間所得901万円超
252,600円
+(総医療費-842,000円)×1%
年収約770~約1,160万円の方
健保:標準報酬月額53万円以上79万円未満
国保:年間所得600万円超901万円以下
167,400円
+(総医療費-558,000円)×1%
年収約370~約770万円の方
健保:標準報酬月額28万円以上50万円未満
国保:年間所得210万円超600万円以下
80,100円
+(総医療費-267,000円)×1%
~年収約370万円の方
健保:標準報酬月額26万円未満
国保:年間所得210万円以下
57,600円
 住民税非課税の方 35,400円

II. 70歳以上の方

区分 対象者 自己負担限度額
入院・世帯ごとの限度額
現役並み所得者 年収約1,160万円~の方
標準報酬月額83万円以上
課税所得690万円以上
252,600円
+(総医療費-842,000円)×1%
年収約770~約1,160万円の方
標準報酬月額53万円以上
課税所得380万円以上
167,400円
+(総医療費-558,000円)×1%
年収約370~約770万円の方
標準報酬月額28万円以上
課税所得145万円以上
80,100円
+(総医療費-267,000円)×1%
一般所得者 年収約156~約370万円の方
標準報酬月額26万円以下
課税所得145万円未満
57,600円
住民税
非課税世帯
Ⅱ 住民税非課税世帯 24,600円
Ⅰ 住民税非課税世帯
(年金収入80万円以下など)
15,000円

注)
・上記の費用には食事代や個室・病衣代などの実費分は含まれません。
・1つの医療機関等では上限額を超えなかった場合でも、同じ月内の別の医療機関等での自己負担を合算し、合算額が上限額を超えた場合は高額療養費の支給対象となります(一定の条件があります)。
・年収や課税所得などは目安です。詳細は各保険者へお問い合わせください。

手術支援ロボット「ダビンチ」手術へのご相談はこちらから。 渡邊医師が直接お答えさせていただきます。 心臓手術を受ける患者さんのために私たちがいます。