心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(平日9:00-18:00) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

僧帽弁閉鎖不全症とは?原因・症状・治療方法

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべん へいさ ふぜんしょう)とは

僧帽弁閉鎖不全症とは、左心室から全身に送り出されるはずの血液の一部が、左心房に逆流してしまう状態です。全身へ送り出す血液量が減り、左心房は拡張します。急性発症の場合は、急激な肺高血圧、肺うっ血による呼吸困難が現れます。
慢性的な場合は無症状な場合が多くありますが、左心室の機能が次第に低下するため、息切れや呼吸困難が現れます。
僧帽弁狭窄症と同様に、「心房細動」という不整脈を高頻度で合併します。

僧帽弁閉鎖不全症の手術方法

チーム・ワタナベでは僧帽弁閉鎖不全症への外科治療として僧帽弁形成術を行っています。

僧帽弁形成術に手術支援ロボット(ダビンチ)を使用

2018年4月よりダビンチ(ロボット手術)を用いた弁形成術に健康保険が使えるようになりました。ニューハート・ワタナベ国際病院では僧帽弁形成術の第一選択としてダビンチ手術を行なっています。
ダビンチ(手術支援ロボット)手術について

手術支援ロボット(ダビンチ)で内視鏡を用いて、穴だけで手術を行うことが出来ます。ロボット手術は、手術の傷口が小さいために術後の回復が早く、ほぼ3日~1週間で自宅に帰り、日常生活が可能になります。
また手術の術野を拡大して3次元で正確に見るために、従来難しかった弁形成を容易することが出来ました。術後の弁機能がとてもよく保たれているのはそのような理由です。

今回保険適用になり、ダビンチ(ロボット手術)による僧帽弁形成術は理想的な手術だと考えています。

傷が小さく体や心臓への負担が軽い小切開手術(MICS)

僧帽弁のみの手術の場合、我々は100%小切開手術で僧帽弁形成術を行います。
このことが可能になったのは、ダビンチ手術など内視鏡で精密な手術を経験し、それに裏打ちされた技術で行えるからです。

チーム・ワタナベで行う僧帽弁形成術は、他の病院とは次元の異なる心臓弁膜症の僧帽弁形成術であります。
僧帽弁形成術は手術の跡が小さいので、術後の回復が早くまた、胸骨を切らないために出血や痛みも少なく、術後の早期からの運動や運転が可能となります。

<小切開手術(MICS)の映像>

MICS(小切開)による僧帽弁形成術

僧帽弁閉鎖不全症の手術実績

  • 手術後の退院までの日数:5~10日間
  • 保険適応

僧帽弁形成術は弁置換術に比べて、自己の弁を使えるという大きなメリットがあります。
しかし一方で、高度な技術と経験が必要です。日本胸部外科学会の調査では、2013年僧帽弁手術における形成術の割合は平均60%と出ています。
これに対し、チーム・ワタナベではリウマチ性の弁膜症を除き、術前の検査で弁形成が可能であると診断した場合、100%の患者さんで弁形成を完遂しています。手術中に方針変更で弁置換になることは今までありません。
これは弁形成を正確にかつ逆流が無いようにさまざまな経験をもとに工夫を重ねてきた結果であり、手術前の患者様へのご説明として十分に納得のいくお話ができるものと考えています。

僧帽弁形成術の詳しい内容はこちらをご覧ください

僧帽弁閉鎖不全症の手術へのご相談はこちらから。 渡邊医師が直接お答えさせていただきます。 心臓手術を受ける患者さんのために私たちがいます。

ニューハート・ワタナベ国際病院での開院からの手術実績
(2014年5月19日〜2018年9月30日)
  • 手術件数
    2391件
(心臓手術 合計1672件)

チーム・ワタナベ手術実績
2000年-2014年(開院前)

狭心症・心筋梗塞 2,484
心臓弁膜症 1,131
大動脈瘤 292

ニューハート・ワタナベ国際病院の紹介

心臓血管外科・循環器内科を中心とした高度専門治療を行う「ニューハート・ワタナベ国際病院」では、身体に優しい小切開手術やロボット支援手術などの最新かつ高品質な医療を提供しています。診察から手術を通して痛みや負担から患者さんを解放することを目標にし、日々工夫しています。
病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。