心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

渡邊剛について論文のご紹介

  • タイトル Fasudil Is a Superior Vasodilator for the Internal Thoracic Artery in Coronary Surgery
  • 著者 Go Watanabe, MD, PhD, Yukihiro Noda, MD, PhD, Takeshi Takagi, MD, PhD, Shigeyuki Tomita, MD, PhD, Shojiro Yamaguchi, MD, PhD, and Ryuta Kiuchi, MD, PhD
  • 発表年 2013
  • 掲載誌 Ann Thorac Surg
  • 抄録 冠動脈バイパス手術において、従来は伏在静脈やその他の血管を用いていたが、内胸動脈の血管を用いるほうが長期的な開存性から、とても良いと言われている。また、その際に血管拡張剤を使用したほうが塩酸ファスジルを使用するよりも優れていることを示している。塩酸ファスジル血管拡張効果があり、冠動脈拡張作用に有効な薬剤と云える。
  • 関連ページ 冠動脈バイパス術

論文一覧に戻る