心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(平日9:00-18:00) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

渡邊剛について論文のご紹介

  • タイトル Revival of Continuous Suture Technique in Aortic Valve Replacement in Patient With Aortic Valve Stenosis
  • 著者 Go Watanabe *, Teruaki Ushijima, Shigeyuki Tomita, Shojiro Yamaguchi, Yoshinao Koshida, Kenji Iino
  • 発表年 October, 2011
  • 掲載誌 Innovations, Volume6, Number5, September/October 2011
  • 抄録 大動脈弁置換手術の連続縫合テクニックには、早い・シンプル・効果的などの利点があるが、技術的に難しいとされていた。そこで、大動脈弁狭窄症に対する新しい連続縫合テクニックを紹介している。この方法では、血栓要因になりえる綿撒糸(めんざんし)を人工弁の周りに使わないため、感染症のリスクも低い。また技術面でも改良され、従来の連続縫合テクニックに比べて、時間短縮や糸の絡みについての改善が実証された。
  • 関連ページ 大動脈弁置換術

論文一覧に戻る