心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

心臓バイパス手術
(狭心症・心筋梗塞の成功率99.7%の手術)

執刀医の技術、経験数がものを言う冠動脈バイパス手術

  • 手術後の退院までの日数:3~10日間
  • 保険適応(ダ・ヴィンチ手術は適応外)

高い技術と豊富な執刀数で成功率99.7%【狭心症・心筋梗塞の手術】

冠動脈バイパス手術は、心臓手術の中でもっとも多く行われる手術です。
狭くなった心臓の冠動脈に、体のほかの部分から採ってきた血管をつなげて迂回路を作ります。

胸、胃、手、足などの血管を使うのが一般的ですが、直径2㎜の血管を1.5㎜の血管につなぐ細かい作業であることから、手術の出来不出来は執刀医の腕によって天と地ほどの差があります。

また、手術時間が長くなると合併症を加速度的に増加させるため、スピードも要求されますが、チーム・ワタナベには、高い技術と豊富な経験があり、他とは比較にならないスピードでの手術を実現しています。

さらにチーム・ワタナベでは、傷が小さい「小切開手術」、全身麻酔を行わない局所麻酔下での手術「アウェイク手術」や、手術支援ロボット「ダヴィンチ」での「完全内視鏡下心拍動下冠動脈バイパス術(TECAB)」という手術を手がけ、体や心臓への負担が小さい手術を推進しています。

MICS~小切開手術での冠動脈バイパス手術傷が小さく、体や心臓への負担が軽い手術

チームワタナベの小切開手術での冠動脈バイパス手術は、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」での内視鏡手術の技術を応用し、他の病院とは次元の違う冠動脈バイパス手術を実現しています。

冠動脈バイパス手術での小切開手術のメリット

  • 小さい出血量が少ない、痛みが少ない、傷が小さい
  • 早い手術が早く終わる
  • 戻れる手術後早くもとの生活に戻れる
  • 残らない傷が胸の真ん中に残らない

骨も神経も血管も切らず、肋骨の間もこじ開けないので、傷が小さく、体や心にも負担をかけない、優しい手術方法です。

心臓バイパス手術(狭心症・心筋梗塞の手術)

Off-pump CABGとアウェイク手術

冠動脈バイパス手術には、人工心肺装置を使用せず、心臓を動かしたまま行う「Off-pump CABG」と、人工心肺装置を使用し、心臓を止めて手術を行う「On-pump手術」の2つの方法があります。

心臓を動かしたまま行う「Off-pump CABG」

Off-pump CABGは、渡邊剛らが1993年に日本で最初に行って広めた方法です。
20年以上の実績と成功率99.7%の世界一の成績があります。
日本で標準手術となった現在でも、日本全体での成績は98%(死亡率2%)と宜しくありません。
冠動脈バイパス手術の神髄を知ったチーム・ワタナベの手術は、15年~20年たっても優れた結果を残しています。

15年以上経っても輝きを失わないバイパス手術
冠動脈バイパス手術後16年経過したカテーテル検査の映像

内胸動脈を縫合

胃大網動脈を縫合

橈骨動脈を縫合

アウェイク手術とは?

文字通り、患者さんが起きた状態で行う心臓手術です。局所麻酔を用いて行うので、全身麻酔の出来ない患者さんや肺の悪い人、また脳血管障害が高度で術後に脳梗塞がおこりやすい人に適しています。

メリットは重症の呼吸不全や脳梗塞の患者さんでも全身麻酔を使わないので、手術当日から食事ができ、体力の回復が早い事です。また、術後の肺炎などの合併症がなくなります。高齢者の術後によくみられる認知症の進行も防ぐことができます。
この手術は極めて熟達した麻酔科と外科医で行うため、限られた施設のみで行うことができます。外科医だけでなく、麻酔科の面からみても身体に最も優しいロボット手術にならぶ超低侵襲手術です。

手術後5日で退院が可能
「完全内視鏡下心拍動下冠動脈バイパス術(TECAB)」

手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いて「完全内視鏡下心拍動下冠動脈バイパス術(TECAB)」という手術を狭心症・心筋梗塞への手術に対しても実施しています。
内視鏡だけで行う正確な手術ですので、傷も小さな穴のみで済み、手術後5日で退院が可能です。

完全内視鏡下心拍動下冠動脈バイパス術(TECAB)での手術

ダ・ヴィンチでのロボット手術はこちらからご覧ください

過去14年間のチームワタナベの冠動脈バイパス手術成績

心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB)【MICS、TECABを含む】 

症例数 1993-2014年 心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB)
日本国内 国外その他の地域
1993-2000年 297例  
2000-2001年 121例  
2002年 159例  
2003年 226例 99例
2004年 161例
2005年 138例
2006年 223例
2007年 175例
2008年 204例
2009年 108例
2010年 136例
2011年 142例
2012年 118例
2013年 90例
2014年 87例
2,385例
総計 2,484例
手術成功率(元気に退院) 2000-2014年(2,484例)
待機手術 99.6%
緊急+待機手術 99.4%

注:待機手術とは予定手術

関連ページ

ニューハート・ワタナベ国際病院での開院からの手術実績
(2014年5月19日~2016年10月31日)
  • 手術件数
    1152件
  • 心臓手術成功率
    99.7%
(心臓手術 合計790件)
※ 成功率=100%➖手術死亡率(術後30日以内)

チーム・ワタナベ手術成功率
2000年-2014年

狭心症・心筋梗塞 2,484例 99.6
心臓弁膜症 1,131例 99.8
大動脈瘤 292例 99.7

狭心症・心筋梗塞の手術へのご相談はこちらから。 渡邊医師が直接お答えさせていただきます。 心臓の手術でお悩みの患者さんのために私たちがいます。

心臓バイパス手術(狭心症・心筋梗塞の手術) トップへ