心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

心臓手術について 不整脈

不整脈の基礎知識

不整脈とは、心拍が不規則であったり、速すぎたり(頻脈)、遅すぎたり(徐脈)、心臓を伝わる電気刺激が異常な伝導経路をとることで生じるなど心拍リズム異常のことを言います。
成人の安静時の正常な心拍数は、通常毎分60~100回です。しかし、アスリートなどでは、これより心拍数が少なくても正常な場合があります。痛みや怒りなどの刺激や運動に反応して起こる心拍数の変化は正常です。
ただし、心拍数が不適切に速くなったり(頻脈)、遅く(徐脈)なっている場合や不規則になっている場合、電気刺激が異常な伝導経路を流れている場合のみ、心拍数の異常と考えられます。

正常な刺激伝導路

心臓の生体ペースメーカ部(洞房結節)からの電気刺激が、まず右心房に、次いで左心房に伝わり、各心房の筋肉の壁を収縮させます。
それにより、血液が心房からその下の心室に送り込まれます。次に、電気刺激が心房間の壁の下方、心室近くにある房室結節に伝わります。この房室結節では電気刺激の伝導が遅くなりますが、その間に心房は完全に収縮し、心室に可能な限り多量の血液を送り込むことができます。

洞房結節(上図1)から送られた電気刺激は、右心房と左心房へ伝わり、心房を収縮させます。
次に、電気刺激は房室結節(2)に伝わり、そこで伝導がわずかに遅くなります。
それから、電気刺激はヒス束(3)に伝わり、ヒス束を下降しながら右心室へ向かう右脚(10)と左心室へ向かう左脚(5,6)に分かれて伝わります。
これにより電気刺激が心室に広がって、心室を収縮させます。それにより心室(8)が収縮し、心臓から血液が送り出されます。

原因

不整脈の起こる最も一般的な原因は、冠動脈疾患、心臓弁膜症です。心臓の電気刺激伝導系に加齢による変化が生じると、特定の不整脈が起こりやすくなります。
心拍数が増加する頻脈性不整脈は、運動、精神的ストレス、過度の飲酒、喫煙などの要因や、かぜや花粉症の治療薬など刺激物質を含む薬によって誘発されます。

症状

不整脈によって心臓の血液を送り出す能力が損なわれると、脱力、運動能力の低下、息切れ、ふらつき、めまい、失神などの症状が現れます。
失神は、心臓から送り出される血液が少なくなり、十分な血圧を維持できなくなったときに起こります。症状を引き起こす不整脈は、早急に治療する必要があります。

診断

心電図検査は、不整脈を診断して原因を確定するための検査方法です。
携帯型心電計(ホルター心電計)を使用して、持続的に記録することあります。ホルター心電図による測定は普通24時間実施するため、日常の活動中に発生する散発的な不整脈を記録できます。

治療

治療薬

抗不整脈薬は頻脈性不整脈を抑えるのに有用です。何種類もの薬を試さなければならない場合もあります。抗不整脈薬によって、かえって不整脈が悪化したり、新たな不整脈が起こったりすることもあります。

1. ペースメーカー移植術

ペースメーカーは医療用電子機器で、人工的に心拍を開始させる電気刺激を放出します。ペースメーカーは、バッテリー、電気刺激の発生器(ジェネレーター)、心臓とペースメーカーをつなぐワイヤで構成されています。
人工ペースメーカーは手術によって体内に埋めこまれます。手術にかかる時間は約30~60分です。ペースメーカーのバッテリーは、10~15年程度は使用できます。
ペースメーカーには、いくつかの種類があります。レートレスポンス型ペースメーカーは装着者の活動状況に合わせて、運動時には心拍を増やし、休息時には心拍を減らすなどの調節が可能です。


ペースメーカー移植

2. 直流通電除細動

心臓に電気ショックを与えることによって、頻脈性不整脈を停止させ、正常な律動へ回復させることができる場合もあります。頻拍型不整脈に対して行われます。

また、植込み型除細動器(ICD)を植え込む場合もあります。
開胸手術の必要がありません。植込み型除細動器は心拍数や心拍リズムをモニターして自動的に頻脈を感知し、電気ショックを起こして、不整脈を正常洞調律に戻します。
一般的に植込み型除細動器は、この方法を用いなければ不整脈で死亡する可能性がある人に使用されます。ただし、植込み型除細動器では不整脈の発生を防ぐことはできないため、薬を服用する必要があります。

不整脈心房細動と心房粗動

心房細動と心房粗動は、心房細動と心房粗動では、心房の収縮があまりにも速いために心房壁がふるえ、血液を効率よく心室へ送り出せなくなります。
心房細動と心房粗動は、高齢者に多くみられます。

詳しくはこちら