心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

心臓手術について 特殊な弁膜症

感染性心内膜炎

感染性心内膜炎は心内膜に生じる感染症で、主に心臓弁に感染が及び弁破壊と弁膜症を起こします。

  • 感染性心内膜炎は、血流に入った細菌が、損傷のある心臓弁に到達することで発生します。
  • 感染性心内膜炎では、突然の高熱や心拍数の上昇、疲労、急速で広範囲にわたる心臓弁の破壊がみられます。
  • 診断には心臓超音波検査(心エコー)が有用です。
  • 心臓弁に障害のある人や人工弁を使用している人は、歯科処置や手術の前に抗生物質の投与を受けて、心内膜炎を予防する必要があります。
  • 高用量の抗生物質を静脈内に投与しますが、場合によっては、外科手術が必要になります。

細菌(または頻度は少ないが、真菌)は、血流中から侵入して心臓弁にとどまり、心内膜に感染します。異常のある弁や損傷した弁、あるいは人工弁は、正常な心臓弁よりも感染症にかかりやすくなります。
僧帽弁や、大動脈弁に生じることが多いです。

原因

歯科治療など歯ぐきなどに傷ができると、少量の細菌が血流に侵入できるようになります。
感染症を伴う歯肉炎(歯ぐきの炎症)、軽度の皮膚感染症、体の他の部位における感染症も、細菌が血流に侵入する原因となります。

さらに、他の外科的、内科的処置も、細菌が血流に侵入する原因となります。まれに、開心術や人工弁置換術の際に、細菌が心臓に侵入することがあります。
心臓弁が正常な人では細菌はすぐに破壊されます。しかし心臓弁に障害があると、そこで細菌が増殖を始めます。ほとんどの場合、僧帽弁か大動脈弁に感染が起こります。

症状

突然の高熱(38.5℃ 以上)、心拍数の上昇、疲労、急速で広範囲にわたる心臓弁の損傷などの症状がみられます。

心臓弁上に形成された細菌のかたまり(疣贅)は、崩れて塞栓となり、血流に乗って他の臓器で閉塞、感染巣形成を起こします。
脳へ続く動脈が閉塞すると脳卒中が起こり、心臓へ続く動脈が閉塞すると心筋梗塞が起こります。また、塞栓は付着している部位に感染症を起こします。
心臓弁に穴が開き、重大な逆流が生じる場合があります。一部の人はショック状態になり、腎臓やその他の臓器の機能不全が起こります。
感染性心内膜炎の症状には他に、悪寒、関節痛、痛みを伴う皮下結節などがあります。

診断

感染性心内膜炎が疑われる場合は、入院して診断と治療を行います。
インフルエンザなどのウィルス感染症以外で38.5度以上の発熱している場合敗血症か、心内膜炎を強く疑います。
診断を下すために、通常は心臓超音波検査(心エコー)検査を実施し、血液培養をして細菌の有無を調べます。

一般的には、経胸壁心エコー検査を実施します。この検査で十分な情報が得られない場合は、経食道心エコー検査を実施します。経食道心エコー検査ではより正確な情報が得られ、小さな感染部位も検出することができます。

予後

治療しなければ、感染性心内膜炎はほとんどの場合、死に至ります。
治療した場合の死亡リスクは、年齢、感染期間、人工弁の有無、病原菌の種類などの要因により異なりますが、積極的な抗生物質による治療によって、ほとんどの人は回復します。

治療

治療は普通、6-8週間高用量の抗生物質を静脈内に投与します。
抗生物質だけで感染症が治癒するとは限らず、特に心臓弁が人工弁の場合はなおさらです。
人工弁を使用している人が心内膜炎になった場合、心臓手術によって損傷している弁を修復または置換したり、膿瘍を排出したりする必要があります。
重度の弁の逆流により生じる心不全は、死に至る可能性があります。