心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

胸部大動脈瘤の症状と治療

大動脈が瘤のように拡張胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)とは

胸部大動脈瘤のメカニズム

心臓から全身に血液を送るための最も太い通り道となるのが大動脈です。大動脈瘤は、この大動脈の壁が弱くなって、局所的に瘤のように大きくなる病気です。大動脈瘤は大動脈のどこにでも起こり、発生する部位によって「胸部」「胸腹部」「腹部」に区別されます。
破裂すると多くの場合死に至る恐ろしい病気ですが、適切な治療を行えば破裂を回避することができます。
大動脈瘤は、形態による分類では、真性、仮性、解離性の3つに区別され、形状による分類では、紡錘状、嚢状の2つに区別されます。

形態による分類

  • 真性動脈瘤

    血管の壁の3層構造(内膜・中膜・外膜)が保たれたまま瘤状の膨らみができたタイプ。

  • 仮性動脈瘤

    内膜と中膜が部分的に欠け、もれた血液が周りの組織を圧迫して瘤のように形成されているタイプ。

  • 解離性動脈瘤(大動脈解離)

    内膜の亀裂により血管壁内に血液が入り込み、中膜層が解離してしまったタイプ。

形状による分類

  • 紡錘状動脈瘤

    大動脈壁が全体的に拡張しているタイプ。真性動脈瘤に多く、破裂は比較的少ない。

  • 嚢状動脈瘤

    動脈壁の一部が局所的に突出しているタイプ。仮性動脈瘤に多く、小さくても破裂しやすい。

胸部大動脈瘤の主な症状

真性動脈瘤/仮性動脈瘤(しんせいどうみゃくりゅう/かせいどうみゃくりゅう)の場合

破裂するまでほぼ無症状で、検査しない限り発見されることはありません。
声がかすれる、むせることが多い、息苦しくなる、血痰が出るなどの症状が出ている場合、瘤が急速に大きくなっている可能性がありますので、早急に専門医を受診してください。

解離性動脈瘤(かいりせいどうみゃくりゅう)の場合

胸部から背部にかけて突然、激痛が走ります。
痛みの部位は移動することもあります。解離の場所によっては、心臓や脳、腹部臓器、下肢などの血管がつぶれてしまうことがあり、臓器虚血症状が出現します。最も心臓に近い上行大動脈に解離が起きた場合は、救命のために緊急手術が必要な場合がほとんどです。

胸部大動脈瘤の診断と主な治療

CT検査、MRI検査、超音波エコー検査などを行い、瘤の形態や大きさ、部位などを正確に調べます。小さな動脈瘤の場合は手術の対象にはなりませんが、定期的にCT検査で経過観察し、大きくなってくるようなら手術が必要となります。
大動脈は通常直径が2~3cmですが、一定の大きさ(5~6cm)を超えると血管が破裂する危険性が増大することがわかっています。また、急速な拡大傾向(半年で5mm以上)のあるもの、痛みなどの症状を伴うものは、小さくても破裂しやすいとされています。
胸部大動脈瘤には、人工血管置換術、ステントグラフト内挿術の2つの治療法があります。

人工血管置換術

瘤を切除し人工血管に置き換える手術です。
大動脈瘤の手術はもっとも危険な手術のひとつで、全国統計では緊急手術の場合の成功率は60~80%、それ以外の待機手術であっても90%程度です。

チームワタナベが行う手術の詳細は、こちらをご覧ください。

ステントグラフト内挿術

瘤の前後の正常な太さの血管にステントグラフトを固定し、破裂を予防します。

チームワタナベが行う手術の詳細は、こちらをご覧ください。

胸部大動脈瘤のご相談はこちらから。 渡邊医師が直接お答えさせていただきます。 心臓疾患でお悩みの患者さんのために私たちがいます。

胸部大動脈瘤の症状と治療 トップへ