心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

心臓弁膜症の症状と治療

心臓の弁の開閉機能に異常心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)とは

心臓弁膜症のメカニズム

大動脈弁狭窄症、僧帽弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症等があります。

心臓には左右の心室・心房の出口に、合計4つの弁があります。その弁がうまく動かなくなる状態が「心臓弁膜症」です。その原因は、最近は高齢化に伴い、動脈硬化がふえています。

弁膜症には、弁がかたく開きにくくなる「狭窄症」と、弁が閉じにくくなり血液が逆流する「閉鎖不全症」とがあります。狭窄と閉鎖不全症が同時に起こるケースもあります。手術が必要なのは主に大動脈弁と僧帽弁です。

軽症であれば自覚症状が無く、いずれ、息切れ、呼吸困難などの心不全の症状が現れてきます。

大動脈狭窄症のメカニズムと症状の成り立ち

心臓弁膜症の症状と治療

引用:『Netter』

僧帽弁閉鎖不全症のメカニズムと症状の成り立ち

心臓弁膜症の症状と治療

引用:『Netter』

心臓弁膜症の主な症状

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべん へいさ ふぜんしょう)

左心室から全身に送り出されるはずの血液の一部が、左心房に逆流してしまう状態です。全身へ送り出す血液量が減り、左心房は拡張します。急性発症の場合は、急激な肺高血圧、肺うっ血による呼吸困難が現れます。慢性的な場合は無症状な場合が多くありますが、左心室の機能が次第に低下するため、息切れや呼吸困難が現れます。僧帽弁狭窄症と同様に、「心房細動」という不整脈を高頻度で合併します。

僧帽弁閉鎖不全症の手術についてはこちら

僧帽弁狭窄症(そうぼうべん きょうさくしょう)

左心房から左心室への血液の流れが妨げられることから、左心房やその上流にある肺に負担がかかり、心不全症状が生じます。狭窄が進行すると肺うっ血が起こり、肺水腫も現れるようになります。こうした症状は、僧帽弁狭窄症に合併しやすい「心房細動」という不整脈が起こるとより悪化します。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべん へいさ ふぜんしょう)

左心室から大動脈へ送られる血流が妨げられ、左心室への負担が大きくなります。
大動脈弁から左心室に血液が逆流することで、左心室が拡張し心肥大が起こります。長期間、無症状の場合も多くありますが、左心室の機能が低下するにつれ、狭心痛や心不全症状が現れます。

大動脈閉鎖不全症の手術についてはこちら

大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべん きょうさくしょう)

左心室から大動脈へ送られる血流が妨げられ、左心室への負担が大きくなります。
無症状の期間が長く続きますが、狭心痛(運動時などに現れる胸痛発作)、失神、心不全症状(体を動かした時の息切れや夜間発作性呼吸困難)が現れたときには重症化していることが少なくありません。平均余命は、狭心痛の出現から5年、失神からは3年、心不全発症後からは2年といわれています。突然死の危険性もあります。

大動脈弁狭窄症の手術についてはこちら

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべん へいさ ふぜんしょう)

右心室から肺動脈へ血液を送り出す際、右心房へ血液が逆流してしまう状態です。上大静脈、下大静脈に血液のうっ滞が生じ、顔面や下肢のむくみ、肝臓の腫大、おなかの張りなどの症状が出ます。
原因としては、他の弁の異常にともなって三尖弁の接合が悪くなるケースが多く見られます。

心臓弁膜症の診断と主な治療

内科治療と手術

心臓弁膜症がどの程度すすんでいるかは、X線撮影や心電図、超音波検査などを行って判断します。また、合併症(心房細動、心不全、動脈硬化)も調べます。
症状が軽い場合は、安静、食事制限、投薬による心不全の治療などを行います。重症の場合は、悪くなった弁を修復する弁形成術か、人工弁置換術が必要です。心不全症状が出ないうちに手術をしたほうが体への負担も少なくなります。

機械弁か生体弁か弁形成術か?

人工弁には、カーボン製の機械弁と牛豚から作る生体弁があります。
機械弁は耐久性にすぐれ、50年は壊れないとされています。ただし、血栓ができやすく血栓塞栓症を起こすおそれがあるため、血を固まりにくくする薬(ワーファリン)を毎日一生飲み続けなければなりません。また、出血も起こります。(0.3%/年)

人工弁置換術

一方、生体弁は血栓ができにくく、ワーファリンはいりません。65歳以上の高齢者や、妊娠を希望する若い女性、激しいスポーツや労働をする人に多く用いられます。ただし、10~15年で再度置換手術が必要になることや若い人では10年持たない事があります。
弁形成術は自己の弁を直したり、自己組織で作り直したりする方法で、生体弁との比較でも優れている場合があります。

大動脈弁形成術

内科的治療

心臓の収縮力を高める、肺うっ血を軽減する、血管を広げて心臓の負担を軽減するなどの薬物治療があります。加えて食事療法、運動療法などを行います。これらの治療により症状は改善しますが、時間の経過に伴い弁膜症の症状が進行する場合もあるため、定期的に検査を行います。

外科的治療

障害をきたしている弁を切除し、新たに人工弁を取り付ける「弁置換術」と、弁の悪いところをだけを修復する「弁形成術」と2通りの手法があります。手術がどのような術式になるかは、弁膜症の状態、患者さんの年齢、合併疾患などから総合的に判断します。

新たに人工弁を取り付ける~弁置換術(べんちかんじゅつ)

人工弁には「機械弁」と「生体弁」の2種類があり、障害の程度や病状等によって使い分けます。弁としての働き大きな違いはありませんが、耐久性、抗血栓性に違いがあります。機械弁の場合、生涯にわたって抗凝固剤(ワーファリン)を内服する必要があります。

チームワタナベが行う手術の詳細は、こちらをご覧ください。

弁の悪いところをだけを修復する~弁形成術(べんけいせいじゅつ)

弁置換術に比べ術後の感染症や血栓症のリスクが低いと言われています。
抗凝固剤(ワーファリン)の服用も不整脈がなければ3カ月間のみで十分です。

チームワタナベが行う手術の詳細は、こちらをご覧ください。

心臓弁膜症のご相談はこちらから。 渡邊医師が直接お答えさせていただきます。 心臓疾患でお悩みの患者さんのために私たちがいます。

心臓弁膜症の症状と治療 トップへ