Doctorbookに「心臓弁膜症」に関する渡邊剛総長のインタビューが掲載

Doctorbookに「心臓弁膜症」に関する渡邊剛総長のインタビューが掲載されました。

心臓弁膜症は、心臓にある4つの弁のどれかに異常が起こり、そのまま放置すると心不全になる可能性が高い病気です。推定患者数が200万〜300万人といわれ、治療方法は心臓の弁を置き換える手術が中心になっています。

2018年4月からは、それまで自己負担であった心臓弁膜症のロボット手術に健康保険が使えるようになりました。当院の特徴でもあるロボット支援による心臓手術について、この記事でも詳しくご説明しています。ぜひ参考になさってください。

心臓弁膜症の新しい治療、内視鏡を使ったロボット手術とは
心臓弁膜症の新しい治療、内視鏡を使ったロボット手術とは
心臓弁膜症の診断と治療、弁を置き換える2つの新しい治療とは
心臓弁膜症の診断と治療、弁を置き換える2つの新しい治療とは