心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

リハビリの先生方も、回復ぶりには驚いていました

2017年1月 冠動脈バイパス術 伊藤公一様

ニューハートワタナベ国際病院

総長 渡邊 剛 先生

拝啓

立春とは名ばかり、まだまだ極寒の日が続いておりますが、渡邊先生には益々ご健勝にてご活躍の事と拝察申し上げます。私は1月20日に御院に入院させていただきまして23日に冠動脈バイパス手術を渡邊先生にしていただきました、神戸市の伊藤公一でございます。

お陰様で31日に退院させていただきまして神戸に戻り、現在は仕事に復帰して毎日元気に頑張っております。

「天才心臓血管外科医、心臓血管外科のブラックジャック」この異名を持つ渡邊先生を初めて拝見しましたのが、林 修の今ですと言うテレビでした。HD10年目の私は「いつか心臓に来るんだろうな?」そう思い何気に渡邊先生のお名前を書きとめておりました。まさかそれから約1か月後に「狭心症」等と言う診断が下るなど思いもしなかったのです。

「90%が3か所、75%50%25%が1か所づつ狭窄している、ステントでは持たない、冠動脈バイパス手術が必要です」と診断された時は正直「自分の人生が終わったな」と思いました。

父が30年ほど前にやはり正中切開による冠動脈バイパス手術を受けておりましたので、如何に大変な大手術であるか熟知していたつもりでおりましたし、同じ透析クリニックの中にも冠動脈バイパス手術を受けた方達がおり、その方達の話を聞き、傷痕を見ると尚更「終わりだ」と言う気持ちになっておりました。

その時、確か 林修の今です で天才心臓血管外科医が居たと思い出しメモを必死で探しまして、渡邊 剛先生とわかり、インターネットを開きまして渡邊先生にメールを送らせていただきました。

「そんな有名な先生が診てくれる訳がない。順番待ちの間に死ぬよ」と勝手な事を言うクリニックのHD友達の意見を無視しダメ元でメールをしたのが最初でした。そしてコンシェルジュの方?からお電話を頂戴し12月20日に渡邊先生の診察をいただくために初めて御院に行かせていただきました。

「大丈夫、やりましょう1月20日に入院し23日手術」と先生に言っていただいた時の喜びは未だに忘れてません。神様にいただいた御守りの言葉の様に聞こえました。

その日から、私の不安は反対にある種の自慢に変わりました。

「天才心臓血管外科医と言われる渡邊 剛先生に執刀していただけるんだよ」と周囲に自慢げに話す今思えば変な患者になりました。

年賀状にまで「ニューハートワタナベ国際病院に入院し、心臓血管外科の天才と言われる渡邊 剛先生の執刀で1月23日冠動脈バイパス手術を受けます。」と書き、周囲に要らぬ心配をかけてしまう程、嬉しかったのです。不安は有りませんでした。渡邊先生が載ってる動画、インターネット、本まるで大ファンの俳優さんに会える様なそんな気持ちで20日までの日を送っていました。

看護師さん達も優しく、他の先生方も頼もしく、充実した病院でした。

手術翌日看護師さんから「あの渡邊先生がご苦労なさった位血管が石灰化して縫合が大変だったのよ。渡邊先生だから出来たのよ」と教えていただきまして、やはり渡邊先生に執刀をお願い出来た奇跡をかみしめる自分がいました。

渡邊先生、こんな私に生きるチャンスを再びお与え下しまして本当に本当にありがとうございました。感謝の気持ちは筆舌に尽くせません。23日に手術を受け27日に外出許可を貰うまでになり、31日に退院。リハビリの先生も、樽井?先生も看護師さんも、回復ぶりには驚いていらっしゃいました。

でも、私にはなぜこんなにも早く回復して行ったのかがわかってました。渡邊先生の本に先生から「これからも主治医です」とのお言葉を書いていただいたからなのです。渡邊先生が居てくださると言う思いが本当に自分でも信じられないほどの治癒力を発揮したのです。

渡邊 剛先生が自分の主治医で居てくださると言う事がどれだけ有難く心強い、何よりも確かな御守り、神様であるか、先生に執刀していただいた方々は皆同じ思いであると信じて疑いません。

先生、あの日以降ニューハートワタナベ国際病院は私の第2の故郷です。毎日動画で先生や病院を今も見ています。

HDクリニックでも自慢です。「傷痕見てみ」と神戸の病院で正中切開した友人に見せてます。皆驚いています、看護師さんまでが。

HD主治医の小部内先生も「本当に素晴らしい先生に診ていただけたね、良かったね」と絶賛して下さっています。渡邊先生、本当にありがとうございました。心からお礼を申し上げます。まだまだ書きたいことは沢山ございますが限がないのでこの辺で筆を置きます。

先生は私の守り神です。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。病院の皆様にも心からお礼を申し上げます。

先生、有難うございました。

敬具

伊藤 公一

「患者さんの声」に戻る

関連リンク

心臓バイパス手術(狭心症・心筋梗塞の手術)