心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

冠動脈バイパス手術後、毎日の運動が日課に

2015年8月 冠動脈バイパス術 U.E.様のお嬢様

拝啓

渡邊剛先生、そして諸先生方、看護師の皆様、スタッフの皆様、お元気でいらっしゃいますか?昨年8月に母のバイパス手術をしていただいたUと申します。
入院中は大変お世話になり、ありがとうございました。

渡邊先生には手術後、外来受診時にもお目にかかれませんでしたので、今回改めて心からお礼を申し上げます。

先月の輸血後血液検査をもって、手術後の検査がすべて完了しました。
退院後は長年服用していた降圧剤も止めることができました。ウォーキングや体操を始めた母の元気な姿を見ていると、やはり今まで無理をさせていたのかなぁと思います。
思えば高齢で、持病もある母のバイパス手術の病院に悩んでいた頃、インターネットで見つけた渡邊先生のネット外来が始まりでした。
メールでご相談したところ、すぐにお返事をいただきました。

渡邊先生のブログ、金沢大学時代の患者さんのサイト、メディアの記事、最初からすべて拝読しました。経験や技術だけでなく、そこに溢れる先生のお人柄やお考えを信頼してのメールでした。

ニューハート・ワタナベ国際病院は、想像以上に素晴らしく、日本でベストの治療、家族を思うように患者の治療にあたる、必ず元気に帰ってもらう、「3つの約束」に嘘はひとつもありませんでした。

最新の設備、世界水準を超える最高の技術はもちろんのこと、何より心から接してくださったチームワタナベ皆様の存在が、母には励みになったように思います。

手術にかかわる先生方だけではなく、看護師の皆様、スタッフの皆様、病院全体がまさにひとつのチームでした。渡邊先生の医療へのお考えがすみずみまで行き渡っているのを感じました。

ここにすべての気持ちを綴ることなど到底できませんが、母は今でも時々、皆様お一人お一人のことを嬉しそうに話してくれます。私も入院中の親身な看護の数々を懐かしく思い出します。本当にありがとうございました。
本来なら皆様にお目にかかってご挨拶させていただきたいのですが、末筆ながらこの手紙をもって精一杯の感謝を申し上げます。

おいそがしい日々、皆様くれぐれもお身体ご自愛ください。
そして皆様のますますのご健勝とご活躍を家族みんなでお祈りいたします。

敬具
2016年5月29日

いただいたニューハートクッション みんな大切にしています!




「患者さんの声」に戻る

関連リンク

心臓バイパス手術(狭心症・心筋梗塞の手術)