心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

心臓弁膜症の手術をした私でもパイロットに復活

心臓弁膜症の手術をした私でもパイロットに復活できたのは、渡邊剛先生のお陰です。

2014年8月18日
手術名:僧帽弁形成術(ダヴィンチ手術)

渡邊剛先生への感謝の手紙

 このたび私は、パイロットに復活しました。

 昨年の1月に、渡邊剛先生の執刀により、手術用ロボット・ダヴィンチの支援下による心臓僧帽弁の形成手術をして頂きました。ダヴィンチの威力はすごいもので、帰りの電車の中では、早速、重い鞄を自分の手で軽々と上の棚に載せることができ、山形まで帰ってきました。胸骨を切らない手術はすごいものですね。

 私は、山形県で不動産の登記手続と測量、そして簡易裁判所の訴訟代理の個人事務所営んでおります。個人の小さな事務所ですので事務所を長期間休む訳にはいきませんし、測量の現場に行けば、草刈をしたり境界杭を探して土を堀る等の土木作業をする必要があります。通常の胸骨を切る手術をした場合は、退院後の仕事に深刻な影響を及ぼすところでしたが、退院後はスムーズに仕事に復帰することができました。

 実は、別の理由でも、是非ダヴィンチで手術をして頂きたいとの強い願望がありました。それは、私にとって家族と仕事と同じくらい大切な趣味である飛行機操縦を続ける為でした。普通に考えれば、心臓に欠陥をもっている人間が飛行機を操縦して、多くの方々の頭の上空を飛ぶことは危険極まりないことです。健康上危ない人間は操縦出来ないしくみになっていますが、私は心臓の手術後でも、絶対パイロットに復活すると決意して調査と準備に取り掛かりました。その結論が、渡邊剛先生の執刀で、ロボット・ダヴィンチによる僧房弁形成手術をして頂くということでした。
 私は医療については素人ですが、理科系の人間なので、心臓手術の勉強をすればするほどダヴィンチのすばらしさが理解できました。第一は、胸骨を切らないことのメリットです。次に私が着目したことは、ダヴィンチが筆ペンを持てば米粒に文字を書けるほどの精度の高さでした。「正確で精密に手術できるから、心臓を余計に切る必要が無い。」との先生のお話しにも感銘しました。素人考えですが、切開がより小さければ、手術後の不整脈の発生リスクを低減できるはずと感じました。
 私には、普通の僧帽弁形成手術をした二人の知人がいますが、今二人とも心房細動をもっています。しかし私は心房細動等の不整脈は皆無です。完璧な手術をして頂いたお陰でもあり、また早期の手術が望ましいとの先生がたのご指導の賜だと思っています。

 私は、子供の頃に憧れたパイロットになるべく、42才の時、仙台空港で自家用操縦士の免許を取得しました。自分で自由に空を飛べることは、言葉で表現できないくらい素晴らしいことです。例えば、裏磐梯の五色沼を空から見た緑とコバルトブルーの景色は別世界です。晴れた日、冬の蔵王の雪に覆われたお釜を上空から間近で見ることが出来るのは、私のような飛行機野郎だけです。このように、飛行機を操縦するという趣味は、私の人生にとって欠かすことのできない重要な位置を占めていました。なので、パイロットに復活する為の最善策として、渡邊剛先生に手術をお願いした訳です。

 パイロットは、航空身体検査指定医による、航空身体検査を受け合格する必要があります。この身体検査でパイロットの健康がチェックされており、日本の空の安全が担保されているのです。従って、この航空身体検査は厳重なもので、プロもアマチュアも合格のレベルは相当高いものです。頭、心電図、血液、尿、胸部レントゲン、聴力、バランス感覚、そして眼科の検査などの多くの項目があります。健康な若い時は、いつもスムーズでしたが、ひとたび問題が発生すると、その後は大変です。
 不適合状態の人は、「大臣判定」による救済方法がありますが、今回の私はこの大臣判定による合格を得ることができました。有効期間が半年間なのでまた更新する必要がありますが、私の体が普通の人と同じ程度まで回復しているということを認めて頂いたということです。心臓弁膜症の手術をした私でもパイロットに復活できたのは、渡邊剛先生のお陰です。不整脈が出なく、体に優しいダヴィンチによる手術をして頂いたお陰です。私の人生にとって最高の勝利です。先生とチーム・ワタナベの先生方に心から感謝いたします。

 渡邊剛先生は、今年の5月、東京杉並に「ニューハート・ワタナベ国際病院」を開設なさいました。正直、山形県から金沢大学付属病院までの移動は私も家族も大きな負担でしたが、東京は便利な所ですので、今後はより多くの患者さんの為にダヴィンチを広めてください。

 最近、安倍首相の主導で混合診療が大幅に拡大されようとしています。これが実現すれば更にダヴィンチの利用が促進されます。こちらも応援したいと思います。
 先生の益々のご活躍を期待しております。  

山形県 猪口春生(60才)

「患者さんの声 心臓弁膜症」に戻る

関連リンク

弁膜症