心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

心臓弁膜症の手術後は爽快な気分で近くの公園でのウオーキング

心臓に心配がなくなり、爽快な気分で近くの公園でのウオーキングを楽しんでいます。

2014年3月
手術名:僧帽弁形成術(ダヴィンチ手術 )

金沢大学心臓外科
教授 渡 邊 剛 先生

前略 約ひと月前にダ・ヴィンチを使った僧帽弁形成術をしていただきました岡山市のT.S.ございます。

3月13日 退院して自宅に戻りました。
17日には、岡山の主治医の先生にお会いし、術後のケアーのお願いをいたしました。
その際,傷口の小さいことに驚いておられ,また,心臓の雑音が無くなっていることも確かめておられました。

昨日3月26日,あらためて日名先生の診断をうけ、 心電図,レントゲン,心エコーの測定もしていただきました。
画像を見ながら「上手な手術だな」と言われたのを聞き,大変うれしくなりました。

心臓に心配がなくなり,爽快な気分で近くの公園でのウオーキングを楽しんでいます。
渡邊先生およびTEAM WATANABEによるダビンチ手術の素晴らしさを実感しています。
これこそ実感ですね。西田先生,山本先生,鷹合先生,伴様,看護師・PTの方々の手厚い配慮と心配りにも感謝いたしております。

ダビンチ手術により救っていただいた心臓(命)を大切に致します。
本来は,お目にかかり御礼を申し上げるべきですが,とりあえずメールにて失礼いたします。 草々

「患者さんの声 心臓弁膜症」に戻る

関連リンク

弁膜症