心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

2014年7月24日『日経コンピュータ』ダヴィンチでのロボット心臓手術について

「ブラック・ジャック」の実現も

モニターに映った3D映像を見ながら医師が手元のコントローラーを操作すると、離れた場所にある機械のアームが作動、患部を切除したり、鉗子で固定したりといった細かい作業を実行する。

日本における“ロボット外科"の先駆者、ニューハート・ワタナベ国際病院の渡邊総長は、「手術支援ロボットda Vinci(ダ・ヴィンチ)が無い世界にはもう戻れない。外科手術はいずれ、ロボットが行うようになる」と力説する。出血数が少なく、回復が早い為、米国では前立腺がん患者の8割以上がダヴィンチによる手術を受けているという。

現時点では、ダヴィンチは手術の精度を高めるための道具として利用されており、捜査履歴などは収集していない。だが「装置メーカーがその気になれば、すぐに手術関連のビッグデータを蓄積できるようになる」と渡邊総長は見る。

ダヴィンチはアームの座標や操作の順番、術中の映像など、さまざまな情報をデジタルデータとして扱っている。現在は記録していないこうしたデータを学習させれば、「ブラック・ジャック」さながらの名医の手術を、ダヴィンチで再現できることが可能だ。画像診断装置と連携させて、患者ごとの血管の位置などをダ・ヴィンチに認識させれば、経験が少ない医師のミスを減らせるかもしれない。

保険制度などクリアすべき課題はあるが、「ダヴィンチが普及すれば、外科手術の現場でかつてないイノベーションが起こる」(渡邊総長)ビッグデータが人命を救う未来は、すぐそこまで来ている。

メディア掲載の一覧に戻る