このページでは、Javascriptを使用しています

心臓手術のスペシャリストの心臓血管外科医渡邊剛。狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、弁膜症、心房中隔欠損症への手術方法や実績

手術について

成功率99.5%の秘訣

大動脈瘤の手術

ステントグラフトを用いた治療とは

ステントグラフト治療も我々は10年以上行ってきました。

重症で大動脈瘤の手術自体のリスクが高い患者さんに対しては、積極的にステントを埋め込んでいます。 数あるステントの中で、4種類のステントを駆使し、大動脈の治療を行っています。

ステント治療についてはニューハート・ワタナベ国際病院大竹(裕志)医師が中心にやっていますが、手術結果が大変良いので今後さらに期待される手術と考えて良いでしょう。 お気軽にご相談下さい。


ステントグラフト内挿術

この大動脈瘤に対する基本的な治療は「瘤を切り取り、人工血管で置き換える」という外科治療でした。

しかし、人工血管置換術は、特に胸部では手術侵襲が大きいことが問題点の一つでした。

これに対し、1990年代の初頭より欧米を中心に大動脈瘤に対する新しい治療法として、ステントグラフト治療(内挿術)が臨床応用されるようになりました。


ステントグラフトシステム

動脈瘤の前後の正常な太さの血管にこの「ステントグラフト」が固定されることにより、動脈瘤の内部には血流がなくなるので破裂が予防されるしくみです。

この方法は新しい方法のため長期成績は不明ですが、低侵襲であるため、通常の開胸手術が困難な症例にも適応することができます。

ただし動脈瘤の形や内臓動脈との距離など、手術にいくつかの制限があり、適応とならない症例もあります。


「手術方法の紹介」トップへ戻る