このページでは、Javascriptを使用しています

心臓手術のスペシャリストの心臓血管外科医渡邊剛。狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、弁膜症、心房中隔欠損症への手術方法や実績

手術について

成功率99.5%の秘訣

弁膜症の手術

入院の期間

手術時間や入院期間は術式、弁膜症の重症度、患者さんの体力、年齢などにより異なります。


手術前

術前に心臓を含めた全身評価(脳、肺、肝臓、腎臓など)を行います。術前検査は外来通院でも可能ですので、その場合は2日前入院も可能です。


弁膜症の手術

平均的な手術時間は4時間前後で、術後1週間〜10日で退院となります。


手術後

早期回復のための術後心臓リハビリテーションを行っており、手術翌日からベッドサイドの歩行、食事が開始となり、4、5日目にはリハビリテーションセンターでエルゴメーター(室内自転車)トレーニングを行います。



「手術方法の紹介」トップへ戻る