このページでは、Javascriptを使用しています

心臓手術のスペシャリストの心臓血管外科医渡邊剛。狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、弁膜症、心房中隔欠損症への手術方法や実績

心臓の病気について

心筋梗塞・狭心症について


心筋梗塞・狭心症の検査


冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)

手や足の血管の中から細いチューブ(カテーテルと言います)を挿入し、冠動脈の入り口まで誘導した状態で、“造影剤”という薬を流しながら、X線透視で冠動脈の状態を撮影するという検査です。

造影剤の流れ具合から、心臓の冠動脈の流れ具合を知ることができ、閉塞している場所や狭くなっている場所を見つけ出すことができます。心筋梗塞や狭心症の診断をするために、最も重要な検査です。

検査は手首、肘、足の付け根のいずかれを局所麻酔し、カテーテルを挿入しながら行います。造影剤という検査薬を用いること、血管の中にカテーテルを挿入すること、X線透視を用いるため放射線を受けること、など全く無害な検査ではありませんが、心筋梗塞や狭心症の最終診断として、最も重要な検査となっています。

冠動脈造影


「心臓の病気について」 一覧に戻る

心臓の病気について