このページでは、Javascriptを使用しています

心臓手術のスペシャリストの心臓血管外科医渡邊剛。狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、弁膜症、心房中隔欠損症への手術方法や実績

心臓の病気について

弁膜症について


弁膜症の症状


三尖弁閉鎖不全症

右心房と右心室の間にある三尖弁の閉鎖が障害され、収縮期に右心室が肺動脈へ血液を送り出す際に、右心房へ血液が逆流してしまう状態です。三尖弁の弁自体に障害がおきている場合は少なく、他の弁膜症に伴う肺うっ血、肺高血圧のために右心室が拡大し、それに伴い三尖弁周囲も拡大して弁の接合が悪くなり逆流を生ずる場合が多く見られます。

症状

右心房への静脈血の灌流が悪くなるため、上大静脈、下大静脈に血液のうっ滞が生じ、顔面、下肢のむくみ、肝臓の腫大、おなかの張りなどの症状を認めます。



「心臓の病気について」 一覧に戻る

ニューハート・ワタナベ国際病院

心臓の病気について