心臓血管外科医 渡邊剛 公式Webサイト
心臓手術のご相談はこちらまで(24時間対応) ※携帯・自動車電話・PHSからもご利用になれます。
0120-599-119

心臓病の種類と症状

知っておきたい心臓病の知識~主な心臓の病気について

心臓の病気(心疾患)は、日本人の死因の第2位となっています。
手術のこと、治療のことを考える前に、知っておいていただきたい心臓の病気の知識をまとめました。

心臓の弁の開閉機能に異常心臓弁膜症
(しんぞうべんまくしょう)とは

心臓にある弁が正しく機能せず、本来の役割を果たせなくなる病気です。
弁の開きが悪くなって血液の流れが妨げられたり、弁が完全に閉じなくなり血液が逆流したりします。

心臓の中の壁に穴がある先天性心疾患 心房中隔欠損症
(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)とは

心臓の中にある「心室中隔」と呼ばれる壁に、生まれつき穴が開いている疾患です。
左心房から右心房に血液が流れてしまうことで、右心房や右心室、さらに肺の負担が増えます。

ある日突然命を奪われることも 心筋梗塞・狭心症
(しんきんこうそく・きょうしんしょう)とは

動脈硬化により、心筋に血液を送る冠動脈が閉塞する、あるいは狭くなる病気です。
心臓の機能が著しく低下し、重症の場合は死に至ることもあります。

大動脈が瘤のように拡張 胸部大動脈瘤
(きょうぶだいどうみゃくりゅう)とは

大動脈の壁が弱くなり局所的にコブのように拡張する病気です。
動脈瘤で最も恐ろしいのは破裂です。また突然、血管の内膜が裂けることもあります。

心房細動から脳梗塞へ 心房細動
(しんぼうさいどう)とは

心房細動が持続すると血栓(血液の塊)ができやすくなり、脳の主要な血管(脳動脈)が閉塞され、脳梗塞を引き起こ原因になります。

心臓病の種類と症状 トップへ